ペン字上達「伝統山下流」Q&A | ペン字上達「伝統山下流」~ペン字が上手くなる方法~

ペン字上達「伝統山下流」の良くある質問について(4)

ペン字上達「伝統山下流」DVD

ペン字上達「伝統山下流」

 
 
上達までどのくらいの期間がかかりますか。

人それぞれですので、お答えできません。さらに、自分の目指す、理想の到達点によっても違います。

しかし、多くの方は、特に「理論編」の内容を見た「直後に」字がきれいに書けるようになったという感想を頂いております。

また、他の漢字においても、数週間程度で、上達の手ごたえを感じて頂いております。

練習はどのくらいやればいいのでしょうか。毎日練習しないといけないのでしょうか。

少しずつでも、毎日が理想です。しかし、人それぞれお仕事や家事や生活があるかと思いますので、自分の無理のないペースで練習をしても大丈夫です。

通信添削では提出の期限があったり、ペン字教室では、通う日時が決まっているので、不便ですが、DVDならば、自分の好きな時に好きなだけ練習ができるので、好都合なのです。

書く練習をしなくても、DVDを見ただけで上達しますか。

これは信じられないかもしれませんが「はい」という回答です。

この教材はDVDを見ながら字を書いて練習するのですが、ただDVDを見ているだけでも、上達します。

これは、DVDで映像を見ることにより、脳に直接イメージをインプットしているから、実現できるのです。

スポーツでも、プロのフォームやプレイを繰り返し見てイメージトレーニングをしただけで、急に上達するというケースは多々あります。

今回の教材は映像ですので、同じような効果が期待できるのです。

ただし、実際に書いた方が上達は断然早いです。

見るだけも、一緒に書くのもかかる時間は変わりませんので、書いた方が絶対に良いです。

DVDを買っただけで上達しますか。

いいえ。さすがにこれは私でも難しいです。実践は必要になります。

ペンの持ち方を正しく矯正する必要があるのでしょうか。私はペンの持ち方にクセがあります。矯正しようと思って努力しましたが、無理でした。こんな私は字を上達させることは不可能なのではないでしょうか。

いいえ。正しい持ち方の映像解説もありますが、無理をして持ち方を変える必要はありません。

おかしな持ち方をしていても、きれいな字を書く人は大勢います。

たとえ正しい持ち方ではなくても、自分の慣れた持ち方の中で、きれいに書く練習をすれば上達はします。

しかし、映像を見るうちに、知らない間に持ち方が改善していた、というケースがあります。

これは、正しい持ち方を繰り返し見ていたからです。
 
 
>>ペン字上達「伝統山下流」公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

ペン字上達「伝統山下流」の良くある質問について(3)

ペン字上達「伝統山下流」DVD

ペン字上達「伝統山下流」

 
 
私は元々、字をきれいに書くセンスがないと思います。そんな私は字を上達させることは不可能なのではないでしょうか。

いいえ。確かに、字の世界でもセンスや才能はあると思います。

スポーツや仕事や趣味など、どの世界でもあることです。

当然個人差はありますが、正しい練習を実践すれば、センスに関係なく、機械的に上達はするのです。

やはり通信添削の方が上達するのではないでしょうか。

これは答えられません。通信添削の先生によって教える技術はバラツキがありますし、相性もあるからです。

もちろん、通信添削は良い先生に当たって、相性が良ければ上達はします。

しかし、こちらから先生は選べません。どうしても通信添削の方が上達すると思うなら、一度通信添削を受けてみてはいかがでしょうか。

それからDVDを検討しても遅くはありません。

現在、通信添削を取り組んでいます。通信添削をやめる必要がありますか。

いいえ。並行して続けて頂いて結構です。

しかし、添削の先生と言っていることが違っていたり、字の形が違うケースも出てくると思います。

そんな時はDVDの方を優先して覚えて下さい・・と言いたいところですが、字の形は好みがありますので、添削の先生の字の方が好きな場合は、そちらを優先して覚えて下さい。

いずれにして、通信添削と並行して練習をしても問題ありません。

崩し字や行書、草書の書き方も含まれていますか。

いいえ。楷書のみになります。

これだけでプロの書家になれますか。

いいえ。この教材は、一般の方がきれいな字を書くために開発された教材です。

プロの書家を目指しているならば、この教材だけでは不十分です。

しかし、きれいな字を書くという目的であれば、ありあまるほどの内容になっています。
 
 
>>ペン字上達「伝統山下流」公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

ペン字上達「伝統山下流」の良くある質問について(2)

ペン字上達「伝統山下流」DVD

ペン字上達「伝統山下流」

 
 
私は練習帳を一生懸命、繰り返して練習もしましたし、通信添削も試してみました。しかし、字はきれいになりませんでした。そんな私はそもそも字を上達させることは不可能なのではないでしょうか。

いいえ。字は必ず上達します。断言できます。

私は、しっかりと正しい方法で練習した方で、字が全く上達しなかった人は、これまで一人もお目にかかったことがありません。

ところが、練習方法を間違うと、上達しない可能性があります。

練習帳はただ単にやみくもにお手本を書き写すだけでは、時間もかかって、効率が悪いのです。

一つ一つ字の形や、きれいな書き方のコツを理解しながら練習した方が、少ない時間で短期間に上達するのです。

また、今回のDVD映像を見ながら練習することにより、根本的に字が生まれ変わりますので、これまで何をやっても上達しなかった方でも、上達すると自負しています。

私の親は字がきれいではないです。遺伝ですので、そんな私は字の上達はそもそも不可能なのではないでしょうか。

いいえ。字のきれいさに遺伝は関係はありません。

親の字がきれいでない方でも、きれいな字を書く方は大勢います。

「遺伝だ」といってあきらめた気持ちで練習していることが、上達の妨げになっている可能性があります。

親の字がきれいでないからといって、あきらめる必要は全くありません。

正しい練習方法で練習すれば、上達します。

私は生まれつき字がきれいではありませんでした。今も当然きれいではありません。そんな私は生まれつきなので、字を上達させることは不可能なのではないでしょうか。

いいえ。そもそも、生まれつき字がきれいな人はいません。

字を書き始める小学生のころからきれいな字がかける子供はいません。

実は、なぜ字がきれいに書けない方が多いのかは、学校教育が大いに影響しています。

小学生のころ「漢字の書き取り」をやったことがあると思いますが、これは「漢字を覚える」ためのもので「字をきれいに書くための練習」ではありません。

書道の時間もあったでしょう。しかし、これも「毛筆」です。

ボールペンは「硬筆」ですので、練習方法も書き方も違います。

仮に書道を練習して字が上達するとしても、学校教育で書道の時間がどれだけだったでしょうか。

これでは字がきれいに書けないのは当たり前なのです。

字をきれいに書くには正しい練習方法を実践することが必要です。

いずれにしても「生まれつき」ということはないですし、子供のころから字がきれいでなかった方も大丈夫です、ご安心下さい。
 
 
>>ペン字上達「伝統山下流」公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

ペン字上達「伝統山下流」~ペン字が上手くなる方法~ TOP » ペン字上達「伝統山下流」Q&A