2015年2月 のアーカイブ | ペン字上達「伝統山下流」~ペン字が上手くなる方法~

ペン字上達「伝統山下流」の良くある質問について(2)

ペン字上達「伝統山下流」DVD

ペン字上達「伝統山下流」

 
 
私は練習帳を一生懸命、繰り返して練習もしましたし、通信添削も試してみました。しかし、字はきれいになりませんでした。そんな私はそもそも字を上達させることは不可能なのではないでしょうか。

いいえ。字は必ず上達します。断言できます。

私は、しっかりと正しい方法で練習した方で、字が全く上達しなかった人は、これまで一人もお目にかかったことがありません。

ところが、練習方法を間違うと、上達しない可能性があります。

練習帳はただ単にやみくもにお手本を書き写すだけでは、時間もかかって、効率が悪いのです。

一つ一つ字の形や、きれいな書き方のコツを理解しながら練習した方が、少ない時間で短期間に上達するのです。

また、今回のDVD映像を見ながら練習することにより、根本的に字が生まれ変わりますので、これまで何をやっても上達しなかった方でも、上達すると自負しています。

私の親は字がきれいではないです。遺伝ですので、そんな私は字の上達はそもそも不可能なのではないでしょうか。

いいえ。字のきれいさに遺伝は関係はありません。

親の字がきれいでない方でも、きれいな字を書く方は大勢います。

「遺伝だ」といってあきらめた気持ちで練習していることが、上達の妨げになっている可能性があります。

親の字がきれいでないからといって、あきらめる必要は全くありません。

正しい練習方法で練習すれば、上達します。

私は生まれつき字がきれいではありませんでした。今も当然きれいではありません。そんな私は生まれつきなので、字を上達させることは不可能なのではないでしょうか。

いいえ。そもそも、生まれつき字がきれいな人はいません。

字を書き始める小学生のころからきれいな字がかける子供はいません。

実は、なぜ字がきれいに書けない方が多いのかは、学校教育が大いに影響しています。

小学生のころ「漢字の書き取り」をやったことがあると思いますが、これは「漢字を覚える」ためのもので「字をきれいに書くための練習」ではありません。

書道の時間もあったでしょう。しかし、これも「毛筆」です。

ボールペンは「硬筆」ですので、練習方法も書き方も違います。

仮に書道を練習して字が上達するとしても、学校教育で書道の時間がどれだけだったでしょうか。

これでは字がきれいに書けないのは当たり前なのです。

字をきれいに書くには正しい練習方法を実践することが必要です。

いずれにしても「生まれつき」ということはないですし、子供のころから字がきれいでなかった方も大丈夫です、ご安心下さい。
 
 
>>ペン字上達「伝統山下流」公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

ペン字上達「伝統山下流」~ペン字が上手くなる方法~ TOP » 2015年2月 のアーカイブ